「洋食」カテゴリーアーカイブ

大阪市天王寺区上本町にある洋食店 蜜玉のナポリタンは味もボリュームも大満足

店名:蜜玉
住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目3−31 ハイハイタウンB1
電話:06-6773-6325

上本町のハイハイタウン地下1階に、美味しいナポリタンが食べられるお店、蜜玉があります。
蜜玉の看板には甘味処と書かれていて、あべ川餅やアイスクリームなどもメニューにあります。

でも、メインはナポリタンやカレーなんです。
ナポリタンとカレーは、それぞれ種類が豊富にあります。

蜜玉の店員さんは一人で切り盛りされていて、一度に入店できる客数も少なめです。
でも、料理のボリュームは凄いですよ。

私がランチで頼んだのは、650円のランチセット。
その日は2種類のスパゲティから選べて、ベーコンナポリタンを選択。

さらに、チキンミニバーグとブロッコリーののタルタルソースがけごはん。
さらにコーヒーも付いていて、アイスとホットから選べます。

蜜玉のパスタの量ですが、小サイズと中サイズは同じ値段。
大サイズでも690円で食べることができます。
一般的な人であれば、中サイズで十分満腹になると思います。

蜜玉のナポリタンの味なんですが、昔ながらのナポリタンという感じの濃い味が美味しい。
大阪らしい人情を感じる味なんです。

様々な種類のナポリタンがあるので、他のメニューも食べたいと思いました。
カレーも美味しそうでしたし、上本町に用事があるときは蜜玉で食事をすることにします。

長崎ビストロ・ラポール、長崎観光したら立ち寄りたくなるステーキ店

眼鏡橋のある魚の町、ここには市民会館の隣のビルに穴場となるビストロランチがいただけるお店、ラポールがオープンしています。

ラポール店内はモダンな造りで、ゆとりのあるソファー席中心のレイアウトですが、お一人様向けのカウンター席も用意されていますし、立地が良いこともあり、店内入り口前にテラス席も用意されています。
もちろん店内はガラス張りですから、景観とランチを楽しめるのもオツなものになります。

ラポールのメインは黒毛和牛ステーキランチですが、安さからいえば、800円台からいただけるハンバーグランチも根強い人気です。
ステーキランチの赤肉は150gという量ですが、オーダー時に増量することも可能です。

ランチのみならず、価格アップになるディナータイムでも予算1000円前後でがっつり食べられるので、ラポールを利用するお客さんが跡を絶たないといいます。
この他にも、前菜やパスタもリーズナブルに提供してくれています。

もちろん、デザートも手を抜いておらず、セットにプラスする女性客の姿もあります。
レア、ミディアムなどの焼き加減なども指定可能です。

店名:長崎ビストロ・ラポール
住所:長崎市魚の町6-20 中島川パークサイドビル2F
電話:095-801-0918

あざみ野にあるガストの広島産カキフライが魅力のメニュー

店名:ガストあざみ野店
住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-12-2
電話:045-909-1088

和風メニューが揃っているのもガストの特徴であり、その中にはここで食べておきたいと感じられるメニューがあるのです。

それは広島産カキフライで、カキフライメニューに関しては非常にリーズナブルな点が魅力的です。
量はあまりないですけど、サイドメニューのような感じで注文をしていくと良いと思います。

ガストの広島産カキフライはサクっとした感じで食べられますが、何よりもカキが非常に美味しいです。
スーパーなどで売っているカキフライも美味しいものの、ガストのカキは味がしっかりとしているイメージで、カキを堪能するならばこういったものが良いなと思いました。

値段は599円とかなりリーズナブルですし、キャベツが大量に盛られているので、そこはサービスが良いと感じられます。
ガストは美味しいメニューが豊富なので、この広島産カキフライ以外にも注文したいものがあるはずです。

そういったメニューと一緒に広島産カキフライを注文して食べると、全体として非常に豪勢な食事に見えると思いますし、満足のいく食事をすることが可能になるのではないか?と思います。

ジョナサン有楽町店の甘い玉ねぎが特徴であるグラタンのスープ

店名:ジョナサン有楽町店
住所:東京都千代田区有楽町2-3-5 aune有楽町ビル
電話:03-5537-0017

有楽町にあるジョナサンにおいては、スープ系のメニューが結構充実しており、メニューの写真などを見て注文したくなるようなものが普通に見つかります。

ジョナサンで特におすすめしたいのはオニオングラタンスープで、こちらはスープ系のジャンルではあるものの、グラタンの要素も詰まっているため、より豪華な内容になっています。

単なるスープではなく、グラタンとしても食べられるために、食べ応えを感じやすいはずです。

ただ、これ1つで満腹になる人はほとんどいないと思うので、サイドメニュー感覚で注文をするのが良いと思います。

値段は250円とリーズナブルなので、多くの人にとって注文しやすいようになっています。
ジョナサンのオニオングラタンスープの特徴としては、やっぱり玉ねぎの部分になると思います。

このメニューに使われている玉ねぎは非常に甘く感じられます。
グラタンのクリーミーな味も感じられますし、トータルで見てもかなり美味しく感じられるのです。

玉ねぎは元々かなり好きというのもあったのですが、同じく玉ねぎが割と好きという人がいれば、このメニューはかなり気に入る可能性が高いと思います。

洋食 春、奈良市公納堂町にある奈良漬けを効果的に使っている洋食店

店名:洋食春
住所:奈良県奈良市公納堂町14
電話:0742-24-5187

洋食春は近鉄奈良駅から徒歩12分ぐらいの場所にあります。
洋食屋なのに、町屋って感じのお店です。
奈良って感じがするなと思いました。

洋食春の名物はハンバーグです。
肉汁たっぷりでジューシーなハンバーグとだけあって、多くの人が頼むメニューです。

私は天然有頭エビフライとハンバーグセット(\1,650円)をいただきました。
ハンバーグもボリュームがありますが、海老も大きい。

身がプリプリで食感がよく、海老の旨みも感じられます。
タルタルソースをつけて食べるのですが、タルタルソースはバジルと奈良漬けの2種類あります。

私の洋食春おすすめは奈良漬けです。
奈良漬けといっても癖がなく、少し甘みがあってエビフライとの相性はばっちりです。
バジルで食べても美味しいので、両方で味の変化を楽しむのもありです。

洋食春は海老も美味しいですが、やはり主役はハンバーグ。
ハンバーグにナイフを入れたときに出る肉汁がたまりません。

このハンバーグがご飯との相性がばっちり。
すぐにご飯がなくなってしまうぐらい、美味しいんですよね。

今までにいろいろな場所でハンバーグを食べてきましたが、洋食春のハンバーグはトップクラスです。

お店の雰囲気も古き良き日本って感じで落ち着きます。
奈良を訪れたら、洋食春をおすすめします。

デニーズ南平台店のフランス産ラクレットチーズのマルゲリータ

店名:デニーズ南平台店
住所:東京都渋谷区南平台町16-11 MFPR渋谷南平台ビル1F
電話:03-3496-1430

デニーズ南平台店では、パスタが非常におすすめであり、変わった風味を味わえるメニューが多くあります。

その中でもフランス産ラクレットチーズのマルゲリータは、デニーズでしか味わえない味を堪能することができます。

ベースはトマトソースの普通のパスタに見えますけど、そこにバジルの風味も感じられるのです。

そして、濃厚なチーズが上から広がっている状態なので、チーズを溶かしながら、パスタと絡めながら食べることができます。

パスタにチーズはつきものですけど、チーズとトマトソースの味のマッチ具合は絶妙です。

トマトソースとチーズは、それぞれパスタの代表的な味になりますが、その2つを合わせると美味しさが倍増するという印象になります。

だから、食べる前から確実に美味しいだろうなとは思っていましたけど、実際に食べてみると美味しいメニューだなと思いました。

デニーズならではのこういった組み合わせのメニューなので、南平台のデニーズに来たときにはおすすめしたいですし、本当に美味しいパスタを食べといえるような、そういう感覚になる可能性もあるのではないか?と思います。

いきなり!ステーキ 渋谷センター街店のアメリカの牛肉ステーキがとてもジューシー

店名:いきなり!ステーキ 渋谷センター街店
住所:東京都渋谷区宇田川町33-13 楠原ビル1F
電話:03-6416-3329

東京都の渋谷のセンター街の中にある、いきなり!ステーキではステーキメニューのラインナップがかなり充実していて、ここを訪れるときには毎回どれを注文しようか?迷うことが多いです。

いきなり!ステーキのメニューを見る感じでは、全体的に国産牛が特徴的とも言えると思うのですが、外国産の牛肉を使ったメニューもあり、私はあえてアメリカの牛肉のメニューを頼んでみたのです。

それがCABアンガス牛サーロインステーキになりますけど、こちらは見た目で言えば、いきなり!ステーキで提供している国産牛のステーキとかなり似ていると気がします。

味に関しては、国産牛と同じ味とは言えないと思いますけど、味の方向性が異なっているだけで、こちらも十分に美味しいと言えると思うのです。

ジューシーさに関しては、むしろこのCABアンガス牛サーロインステーキの方が上なんじゃないか?と思うくらいで、これも十分に美味しかったと思います。

想像以上に柔らかく、脂身が感じられるという特徴があるので、国産牛と同様に美味しいステーキだと思いましたし、また食べてみたいと思えるほどの味です。

北海道函館の絶対行った方がいいラッキーピエロ十字街銀座店

私が紹介したいのは、北海道函館に17店舗あるラッキーピエロです。

ラッキーピエロは店舗ごとにテーマがあり、エルビスプレスリーがテーマのお店や、森の中のメリーゴーランドといった店舗があるなか、お勧めしたい店舗は十字街銀座店で、このお店は内装全てがクリスマスをテーマにしたお店です。

どの季節でもたくさんのサンタクロースがお出迎えしてくれます。
お店のミュージックもすべてクリスマスソングで暑い夏でもクリスマス気分が味わえます。

ラッキーピエロおすすめ料理は何といっても人気ナンバー1、チャイニーズチキンバーガーではないでしょうか。
絶品です。

中に醤油ベースの甘いタレにつけられた、唐揚げが3こ入ってそこにレタスとマヨネーズ、ボリューム満点で、価格がなんと350円です。

他にもラッキーピエロで個人的に好きなのが、カレーオムライスそこにチャイニーズチキントッピングでいただきます。
最高に美味しいです。
価格も650円と+270円です。

ハッピーデイというイベントもあり毎月カレールーが30%オフだったり、ソフトクリーム、ポテト、シェイクが半額になる日もあります。
なんといってもお持ち帰りピザが30%オフすごいの一言です。

ラッキーピエロ店員さんの対応も明るく、とても大きな声で注文を受ける姿が印象的で、みなさん仲がいいんだなと、思える雰囲気のお店です。
こんなお店ならバイトしてもいいかなって思ってしまいます。

函館に来たときは、是非ラッキーピエロに立ち寄ってみてください。

店名:ラッキーピエロ 十字街銀座店
住所:北海道函館市末広町8-11
電話:0138-23-2300
営業:月~金,日 10:00~24:30 土 10:00~25:30

新宿駅東口からすぐ!今流行りの手掴みダンシングクラブ

新宿駅東口にあるダンシングクラブに行ってきました。
平日の18:00に行ったのですが、待っている人もいて、ダンシングクラブ店内も広いのにお客さんいっぱい!

さすが流行ってるお店だなぁーと思いました。
予約は必須です。

頼んだメニューはオマール海老とズワイガニのコンボというセットとシーザーサラダと追加でエビを頼みました。
ソースは4種類ぐらいから選べて、期間限定のチェダーチーズソースにしました。

テーブルに紙のツルツルとしたシートをダンシングクラブの店員さんが敷いてくれて、その上で手掴みで食べます。

サラダも手掴みだったのでビックリ。
野菜が大きくて食べやすく、ボリュームもありました。

コンボというセットは海鮮、じゃがいも、ベーコン、とうもろこしなどをソースで和えてあるお料理です。
ソースがとっても美味しくて、流行ってるだけじゃなく味もしっかり美味しいんだなぁーと思いました。

ダンシングクラブは、基本的にBGMが盛り上がる感じで流れていて、15分に1度ぐらいのペースで店員の女の子たちがダンスしてくれます。
デートでも大人数でも楽しみながらごはんが食べられて、ダンシングクラブはまた行きたいお店です。

店名:ダンシングクラブ東京
住所:東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル  2F
電話:03-6380-5151

池袋東口にあるデニーズでおすすめの肉料理のメニュー

店名:デニーズ 池袋東口店
住所:東京都豊島区東池袋1-13-6 イケブクロ ロクマルビル2F
電話:03-5950-9351

池袋東口にあるデニーズでは、お腹いっぱいになりたいときに非常におすすめなメニューを食べることができます。
その名もローストビーフ丼で、実際に運ばれてくると、ご飯が見えないのです。

ローストビーフが完全に覆ってしまっていて、下のご飯が見えません。
それくらいにローストビーフのボリュームがすごいため、食べる前からテンションがとても上がると思います。

オニオン、ポテトサラダと半熟卵も乗っていて、見た目も綺麗で食欲をそそると言えます。
丼というよりは普通の器に入っているような気もしますが、ローストビーフとご飯を同時に食べられるという至福のひと時は、なかなか味わえません。

肉の量がかなり多いので、その点に関しては満足する人が多いと思いますし、ローストビーフをたっぷりと味わいたいときには、デニーズおすすめのメニューと言えます。
デニーズの肉料理というと、ステーキやハンバーグが主流ですけど、こういったメニューも間違いなく美味しいと思います。

ローストビーフを食べたくなったときや、思いっきり肉料理を食べたいときには、デニーズで選んでほしいメニューとなります。