「和食」カテゴリーアーカイブ

炭焼うなぎ ひゃくわ亭、岐阜市茜部新所にある炭火焼きの鰻料理店

店名:炭焼うなぎ ひゃくわ亭
住所:岐阜県岐阜市茜部新所1丁目229
電話:058-271-2893

ひゃくわ亭は、岐阜市中央卸売市場のすぐ近くにあるうなぎ屋さんです。
住宅や会社が混じっているところにぽつんとある感じのお店です。
お店の向かい側に駐車スペースがあります。

ひゃくわ亭の店内には、卸売市場からきた様なお兄さんが炭火焼きで鰻を焼いていて、とても元気な声で迎えてくれます。
鰻が中心ですが鯉などの他の川魚も一部販売しているようです。
もちろん、今回は鰻になるわけですが、うな重を一つ注文させてもらいました(2000円)。

三河一色産の鰻を使用しているようで、鰻の品質も期待できるのですが、ひゃくわ亭のお店の外にまで伝わってくる炭火の臭いがおいしい感じをそそってきていいなという感じです。

少し待ってから来たのですが、早速鰻から食べてみると、パリパリとした皮と柔らかみのある鰻の感じはとてもジューシーです。
鰻のタレもほどよい甘みがあって鰻とご飯との相性も抜群でした。

ひゃくわ亭は卸売市場の近くであるのか、鰻もちょっと安くもらえている感じがするのもいいです。
夏の時期になると、もっと身が大きくて良い物が入ってくるそうなので、今度来たときには夏の時期に行ってみたいなと思います。

うなぎ一福、宮崎市にある低価格でボリューム満点の鰻料理店

うなぎ一福は、宮崎市から花が島方面に向かい、旧国道10号線沿いにある老舗なうなぎ屋さんです。

店名:うなぎ一福
住所:宮崎県宮崎市下北方町野田631-3
電話:0985-25-1818

うなぎ一福は私が小さいころから父親に連れられて行ったお店で、今でも帰省した際は必ず寄る様にしています。

このお店に入り、私が注文するメニューは、特上定食の3,250円です。
特上は、かば焼きは当然ですが、肝、刺身、しら焼きといったフルメニューが全てで揃い、この低価格です。

私も東京や、福岡など転勤の関係で、その地でうなぎを食べに行くことが多々ありましたが、うなぎ一福の特上定食の3倍から4倍ほどのお値段は覚悟しています。
ちなみに、昔は3,000円を割っていたのですが、やはりうなぎの不漁問題から値段も少々高騰したみたいですが、それでも安いには変わりありません。

うなぎ一福のお味の方については、ふわふわのサクサクで非常に肉厚があり、老舗らしくタレにも深みを感じるとても美味しい一品です。
東京エリアだと、ジワーっとタレがしみ込んだうな重などを思い出しますが、九州の場合はふっくらと焼き上げるイメージがあります。

それから、うなぎと頂く「ご汁」は、大豆の触感と、そのクリーミさが、うなぎに大変マッチして最高です。
昔と変わらぬ味を今も続けて下さる一福さんには、誠に感謝します。

ぐんけい隠蔵、宮崎市中央通にあるおすすめの鶏料理専門店

ぐんけい隠蔵は、鶏の種類は言わずもがな『みやざき地頭鶏』を使用していて、鶏の美味しさを極めた店主が、カウンター前で炭火の腕をふるっているのが特徴です。
舌の肥えた常連客が太鼓判を推す人気店となり、本店のみならず、支店も展開しています。

直営農場で育てたみやざき地頭鶏は、もも焼き、刺身、チキン南蛮など、専門店ならではの豊富なメニューを揃え、終末ともなれば大繁盛するため、予約が必須だといわれています。
ぐんけい隠蔵の店内は、木を豊富に使っており、80席ほどの広々とした空間で食事ができます。

ぐんけい隠蔵おすすめは、プレミアムもも焼き組み合わせ3150円です。
もも焼きに大手羽炙り焼き、さらにチキン南蛮か、秘伝の唐揚げのどちらかを選ぶことができます。

味の決め手になるのが、柚子胡椒、バターベッパーなどのトッピングです。
夜の予算なら3000円だといわれており、自慢のお酒もバリエーション豊富に取り揃えられています。

また、鹿児島の奄美料理の鶏飯を宮崎風にアレンジするなど、ぐんけい隠蔵は創作料理もウリになります。
17:00〜の営業とあって、お子さま連れよりもサラリーマンなどから人気を集めています。

店名:ぐんけい隠蔵
住所:宮崎県宮崎市中央通8-12
電話:050-5484-4876

木曽路 熊谷店は美味しい肉料理が食べられるすき焼き・しゃぶしゃぶ店

木曽路 熊谷店は、美味しい肉料理が食べられます。

店名:木曽路 熊谷店
住所:〒360-0042 埼玉県熊谷市本町1-7
電話:050-3464-7998

木曽路 熊谷店は肉料理が美味しいので肉が食べたい時によく行く飲食店でオススメです。

木曽路でよく注文するのが、しゃぶしゃぶ国産牛ロース肉です。
価格は3300円です。

しゃぶしゃぶの肉、野菜盛、きしめん・餅、御飯、香の物、アイスが食べられます。
しゃぶしゃぶの国産牛ロースは柔らかくて美味しいです。
野菜もシャキシャキと新鮮でとても良いです。

また、きしめんが付いているので〆の時は美味しくいただきます。
さらにデザートでアイスも付いているのでとても嬉しいです。
ボリュームがあり美味しくて、いっぱい食べられるので大満足です。

また、木曽路で他によく注文するのが今日はしゃぶしゃぶの気分じゃない時にすきやき国産牛ロース肉を注文します。
価格は3300円です。

すきやきの肉、野菜盛、玉子、トマトサラダ、きしめん、御飯、香の物、アイスが食べられます。
しゃぶしゃぶではなくてすきやきで楽しみたい時はとても良いです。

国産牛ロースは柔らかくて美味しいです。
すきやきの味でしゃぶしゃぶでは味わえない一品です。
玉子が付いているのでつけながら食べるとたまりません。
とても美味しいです。

また、他にも肉料理のメニューがあり美味しいです。
そんな、美味しい肉料理が食べられる木曽路熊谷店はオススメできる飲食店です。

札幌駅直結!気軽に北海道料理が食べられる札幌銀鱗 ステラプレイス店

店名:北海道料理 札幌銀鱗 ステラプレイス店
住所:〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2丁目 札幌ステラプレイスセンター6F
電話:011-209-5253

札幌銀鱗は、買い物やイベントなどで札幌に来た歳に、駅直結のステラプレイス6Fにある、落ち着いた感じの、主に海鮮系の料理を提供しているお店で、和食が食べたいと思ったときにはおすすめです。

お昼にしては、安い金額だとは思いませんが、2000円くらいで海鮮丼を食べようかと思えば、これくらいかなと思える金額です。
札幌銀鱗はお寿司、天ぷら、お蕎麦、海鮮丼といったものがメインで、駅ビルで食べるには十分なクオリティではないかと思っております。

夜になりますと、札幌銀鱗は居酒屋感が出てきて、焼き物も多くありますが、「道産牛のステーキ」が案外美味しくて、日本酒に合うなといった感じがしたのと、もう一点、「北海道利き酒セット」なるものがあり、少しずつ北海道産の日本酒が飲めるのもおすすめです。

札幌銀鱗は、それほど大きなお店ではないですが、掘りごたつがあったりと落ち着いた感じがありますので、家族連れでも宜しいのではないかと思います。
基本的に北海道料理メインなので、観光で来られた方にも手軽に北海道を満喫できるのも、おすすめの部分だと思います。

東京・三軒茶屋の「琉球ビストロ ナチュール」でおしゃれな沖縄料理!

今回お邪魔したのは、東京・三軒茶屋の「琉球ビストロ ナチュール」です。
沖縄料理が大好きで色々なお店に行っているのですが、たまには変わったものが食べたくてお邪魔しました。

というのもこちらのナチュールのコンセプトは、「沖縄料理×ビストロ」。
ワインにも合うような美味しい沖縄料理を食べさせてくれるお店ですよ。

ナチュールは三軒茶屋駅からは歩いて約5分でアクセスできます。
おしゃれかつアットホームな雰囲気のビストロでしたよ。

定番の沖縄料理に加え本格的でおしゃれなビストロメニューなどさまざまな料理がありましたが、中でも美味しかったのが「ゴーヤーちゃんぷるーのオムレツ 550円」です。
しっかりとした生地のオムレツの中にゴーヤーちゃんぷるーが入った一品でした。

こちらのナチュールは素材にもこだわっているということで、確かに卵もゴーヤーも素材の味が活きていましたよ。
次に美味しかったのが、「鶏の唐揚げ南蛮~島らっきょのタルタル~」。

島らっきょの歯ごたえがたまりませんでした。
ビールにはもちろん、ワインとの相性も抜群でしたよ。

店名:琉球ビストロ ナチュール
住所:〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-28-2 サンフェル三軒茶屋2F
電話:050-5589-8007

鮓 あさ吉、大阪市西区新町・オフィス街で楽しめるリーズナブルなお寿司

店名:鮓 あさ吉
住所:大阪府大阪市西区新町4-10-20 ライオンズマンション 1F
電話:06-6534-4144

オフィス街になっている、大阪市西区ですが、オフィス街のサラリーマンに向けてお店を展開している「鮓 あさ吉 」をご紹介します。

あさ吉は基本的に、夜にやっているお店ですが、板前さんの気まぐれでお昼にお店を出すことができます。
通常、夜は1万円前後予算になるのですが昼に食べるメニューは1000円で5貫ほどお寿司を楽しむことができます。

あさ吉のネタは、大将のこだわりのネタを用意しておりシャリは赤酢をつかうこだわりっぷり、このあたりの寿司屋では一番おいしいのでおすすめです。
お酒もひととおりそろっていて、基本的には日本酒にあったお寿司を用意してくれます。

周りがビジネス街なので、そこまで高額なお寿司は用意しておらず、あさ吉はリーズナブルでおいしい料理を楽しむことができます。
もし、興味方は事前にお店を予約していくことをオススメします。店内は数名が入れるぐらいのカウンターと1組が座ることができる個室だけです。

あさ吉はそこまで人が入るお店ではないので、大将もネタの数を絞って用意しています。
いきなり行って寿司ネタが少なかったというケースもあるので、あらかじめ予約しておいて思う存分楽しむのがオススメです。

神戸でうなぎを食べるなら、青葉の三宮店で決まり

青葉は、こじんまりとして居心地のよいお店ですが、美しい女性による接客がなかなかあっさりしていて、早く出してくれるところがうれしい、うなぎの専門店です。
焼台のある調理場には、板長さんが職人気質な雰囲気で、ひたすらうなぎを焼いておられます。
お店の外にまでいつももくもくと香ばしい香りが漂っているので、ついつい青葉に引き寄せられる人も珍しくありません。

青葉おすすめ料理はうなぎの白焼です。
価格は私が行ったときには3200円であったと記憶しています。

そのほかにも鰻の肝焼きであったり、ひつまぶし、ごま豆腐やうざく、うまきもおすすめです。
お刺身などもあって、コース仕立てになっているひょうたん弁当も美味しかったです。

また、青葉の椀物は、肝吸いではなくて、お味噌汁になっているところも個性的だと思います。
それと一緒に出てくるお漬物もおいしいです。

神戸には同じ名前のお店がもう一軒あります。
青葉は、お店の雰囲気も和風で独特な佇まいです。

お手洗いも新しくて、完全禁煙になったところもとてもありがたいので、席に余裕があったら絶対に入るべき名店であると自身を持っておすすめします。
お昼も夜もお値段は同じですので、夜でも安心して入店できるところも素敵です。

店名:青葉 三宮店
住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-8-5 阿部ビル 1F
電話:078-321-0339

うら本 赤坂店、福岡市中央区の分かりにくい日本料理店。

店名:うら本 赤坂店
住所:福岡県福岡市中央区大名1-4-111カームプレイス大名 1F
電話:092-725-6168

本当は教えたくないお店です。
大のお気に入りのお店、赤坂のうら本さん。

実はいつも夜にお邪魔していて、酔っていることもあり、さらに少し奥まったところにあるため、何度もお邪魔しているのですが場所がはっきりわかりません。
いつもなんとなく誰かに付いて行きなんとなく辿り着いています。

ランチもされているようなので、そのうちお昼にお邪魔して場所を攻略したいところです。
赤坂のハローワークの方向であることは確かです。

とにかく雰囲気が好きです。
お座敷、カウンター、離れ、どこの席でも落ち着きます。

単品メニューもありますが、うら本さんではコースをいただきたいです。
コースは6000円、8000円、12000円、15000円とあり、いずれも9品です。

うら本さんの行きつけの方といつも一緒なので、わたしたちはいつも予算だけ伝えて、うら本さんにおまかせでお願いしています。
盛り付けも美しく華やかで、なんといってもリーズナブル。

もちろん素材も味も申し分無しの創作料理がたくさん出てきて、ボリュームもありますし、一番お安い6000円のコースでもウニや和牛がいただけます。
お付の方も細やかな気配りができる方ばかりで女将さんも素敵な方です。

本当はあまり教えたくないお店ですがかなりおすすめです。
デートでも良し、会食でも良し、女子会でもいいと思います。
このようなお店を知っていると人としての株が上がる、そんなお店です。

八和田、名古屋市中川区尾頭橋の小じんまりとした和風料理店。

八和田は、この地域に住んでいる人達なら知らない人はいないくらい、美味しいと評判の和風料理店です。
季節ごとに新鮮な旬のものを取り入れ、美味しいだけでなく、健康も考えたバランスのいい料理を提供してくれます。

八和田の店内は、明るく清潔で、座席数は28名です。
店員は2、3名で、場に応じて適切に、また極端に明るく接することもなく、自然で落ち着いた対応をしてくれます。

おすすめ料理は、特に女性に人気のある八和田定食(日・祝除く)で、刺身、フライ、小鉢、茶碗蒸し、サラダに、ご飯、汁物、香の物が付いて、1,000円とお値打ちです。

だからと言って、味が落ちる訳ではなく、カロリー控えめヘルシーで、とても美味しく頂けます。
また、今月のサービスランチも人気で、価格は八和田定食と同じ1,000円で、海老フライなど内容は毎月変わるので飽きません。

次におすすめする料理は、価格2,500円の松花堂弁当です。
内容は、八寸、お造り、天ぷら、変り鉢、焚合に、ご飯、汁物、香の物が付き、まるでミニ会席。こちらも、内容は月替わりです。

それから、まぐろ丼もおすすめです。価格は1,000円で、鮪がとても新鮮なので、ついつい箸が進み、あっという間に食べてしまいます。
この他にも、多種類の定食や鍋、夜は会席もあり、JASSが流れるおしゃれな空間で、くつろぎながら召し上がれます。

店名:和風料理店 八和田
住所:愛知県名古屋市中川区尾頭橋2-7-10
電話:(052)321-5946